ラブ・ライス・シアター・ログ

最近は一口馬主と競馬のブログになってます

「健康的で清潔で、道徳的な秩序ある社会の不自由さについて」の購入ポエム

大沼Sのロードアクシス、馬がゲートで首を横にしたときに発走して出遅れて、新馬戦の時みたいにものすごい脚を最後使ったけれど9着でした。上がりの速さ含めて次ですね次。

 

それでタイトルの話なのですが、近所の本屋に並んでたのです。シロクマ先生(id:p-shirokuma)の本。ネット関係の本なんて普段買わないのですがね、なんとなくシロクマ先生が書ききったとおっしゃっていた本なので、手に取って買ってみたくなって買いました。

 

 

健康的で清潔で、道徳的な秩序ある社会の不自由さについて

健康的で清潔で、道徳的な秩序ある社会の不自由さについて

  • 作者:熊代 亨
  • 発売日: 2020/06/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

普段、書評や感想文を書かないので、サラっと読んだ印象をサラサラっと書きます。

ブログの記事が並ぶような演繹的な文章、少々同じようなことの繰り返しも感じますが、言いたいことがあって、それを伝えたい感覚は伝わります。

私もまた現代の社会制度の恩恵を受けている部分とそこから疎外されている部分、両方感じているところがあります。そういう中で生きる適応できる人と適応できない人がそれぞれどう生きるかを考えていこうとする娑婆世界を見る姿をなんとなく想像してしまいます。

一見きれいで生きやすくなった社会、でもその裏にある隘路、社会における一人前になるハードル、家庭を作って社会を再生産するハードルについて書かれた社会。

はてな村非モテ論壇を割合遠くから眺めていた私には、シロクマ先生が汎的所属を書いていた頃、希望格差社会、ハイパー・メリトクラシージェンダーフリーバックラッシュ等々いろいろなことが同時に語られてきたころ。

あれから令和になって、あの頃まかれた様々な種がいろいろな草や木や花になったりならなかったりしたものの一つの総括でもあり、それはシロクマ先生が時とともに変化をしていったことを振り返る文章でもあると感じました。

そして直前に雨が降っても予想を変えずに宝塚記念ワグネリアン複勝を買ってしまって思い切り外す私は、柔軟な状況に適応するのが苦手な頑固者だと改めて自分の不器用さに苦笑いするのでした。

最後に、タイトルの清潔の後に「感があって」という文字を付けたくなりました。

 

 

 

 

 

最近の出資馬の動向

無観客競馬が長引いているので、たまには競馬場でゴロゴロしたいなと過ごしております。

3歳のロードフェローズカーテンコール、どちらも大体掲示板には載ってくれています、ただちょっと足りなくて勝ちきれない。決め手が足りないところが運でなんとかなればありがたいですが、しっかり使ってくれて、馬も大きな故障をせず走ってくれるのは立派です。

ロードアクシスは今週の大沼Sに大野騎手で出走予定。オープンまで来ましたし、コツコツ無事にがんばってくれれば言うことはありません。大沼S除外されて巴賞あたりで芝走るのをみたかったという気持ちもありますが。まあ勝つとは言いませんが、平場OPくらいなら戦っていける馬だと思います。

2歳馬はどちらも入厩済み、ロードフォールズは牧場での評価がいまひとつなのが気になるますが。入厩が速かったので関西の坂路がある外厩でびっしりやってほしかったかなという気もします。まあこれからの成長待ちです。

チャペルレーンは入厩しても順調ですね、この血統でも芝かなと思っているのですが、ベストチャームがダートでも思ったよりやれているので、ダートでもいけそうなのは安心です。ゲート試験も近いうちに行けそうなので、秋デビューくらいに気楽に見守っています。と思ったら今日ゲート試験もう合格していました。期待が高まります。

1歳馬どうしようかというのが最近の悩みですね。他クラブの小口をサブにするかどうかですが。走るのを見るだけならロードで全く問題ないのですが。となると広尾、DMM、YGGあたりなのでしょうが、リアルダビスタのシュシュブリーズの20は自分の予想より1000万高かったのでしばらく様子見。走る走らない抜きに応援したくなる馬への小口出資が気になってます。

 

たまにはお馬さん以外のこともブログにしようかと思っています。

ロードアクシスオープン入り、みんながんばっています

世の中の世情が色々大変なので、なかなかブログを書く気分にならないのですが、今日はロードアクシスが中山の韓国馬事会杯で勝ち上がってくれました。いつもより後ろの位置でしたが、3コーナーから4コーナーの立ち回りが相変わらずしっかりしていますね。がんばってくれました。一口馬主を初めてオープン入りできた馬は本当に貴重です。新馬を見に行った時はレクチャーにもほとんど人がいなかった馬がここまで来てくれたのは本当にうれしいです。

ロードフェローズは休み明け距離短縮しましたけど、ちょっとスピードが足りない感じの7着。まあ制度が変わっての1桁着順はそれなりに貴重です。ピッタリ合う条件でなんとか4角先頭に立てそうな展開を作るしかない気もします。まあこれからの馬ではあるのですが。

カーテンコールの前走はピリッとしない配線でした、やはりちょっと気が難しいところがあるようで、この馬もいい条件を見つければいいスピードはあるのでなんとか1つ勝ち上がって気性の成長を願いたいところですね。

なかなか世の中大変ですが、明けない夜はないわけで希望をもって競馬場で応援できるまで待つだけです。

 

カーテンコール復帰戦

ロードフェローズは良とは言え重い馬場に対応しきれずに10着で放牧となりました。また暖かくなって芝の状態が良くなってからの復帰になりそうですね。軽い走りをしているということなので、これからも2000m前後を使っていくことになりそうです。

明日土曜日のダート1400にカーテンコールが川田騎手で出走します。どうやら上位人気は濃厚ですね。2頓挫くらいありましたが、帰厩してからの調教内容もまずまず。ダート替わりとなりますが、ダートもこなせそうであれば、ここで一発回答を期待したくなるところです。どうやら川田騎手の1400勝がかかったレース。明日は川田騎手の馬質も高く、どこかで決めるとは思いますが、できればこの馬で決めてほしいですね。

ロードアクシスも近々復帰できそうで、2020年いいリズムで運んでほしいですね。

そして出資しようか迷ったロードマイウェイやロードブレスが活躍しているのを見て、自分の馬選びの狙いはそこまで的外れではないと信じたい最近です。

 

ロードフェローズ距離を延長して出走

まずはリップグロスですが、門別でいい走りをしたと思ったら船橋ではいいところなく連敗で、再募集取りやめのお知らせがきました。今後についてはまだ連絡はありませんが、兄ロードラズライトの準OP入りや、ロードゴラッソの活躍などもあるので、繁殖入りすることを願っています。

そして明日土曜日、京都芝2200mにロードフェローズが秋山騎手で出走します。今回はメンバーがそろいましたね。この馬の追い切り評価はいまいちですが、前走併せたリヒトブリックも新馬が強い内容でしたし、今回併せたホワイトロッジも新馬での有力馬。あまり心配する内容でもないのでしょう。実戦に行っていい馬です。ヴァーダイト組など強敵も多いですが、いい結果を期待しています。ここでいい結果が出るようなら菊花賞出走も夢じゃなくなる予感がします。

 

ロードフェローズ、今後に目途が立つ5着

今週土曜日中山新馬で走ったロードフェローズは5着でした。

スタートはゆっくりでしたが、道中は流れに乗れていて、3コーナーからの手応え十分なところはこれはというところがありました、直線まだ幼いからか一呼吸あってからじわじわ伸びてきましたが、結局5着まで。

しかし35秒台ながら上がり最速を出せたことは評価できます。藤岡先生もデムーロ騎手もまだ幼い馬、さらに上積みが見込めるとのこと。晩成そうな状況ながら戦える目途がたったのはありがたいことです。今後は年明けの1回京都で続戦の予定。距離はさらに長くてもよさそうとのこと。1つ勝てて馬が無事に行ければ長く楽しめそうな馬だと思います。

これで今年の出資馬の出走は終わりです、3歳馬は勝ち上がれなかったものの、上半期のロードアクシスのがんばりと、下半期は2歳馬が両方新馬掲示板というそこまで悪くない結果でした。リップグロスも血統的に古馬になってから心身の成長が見込みたい。プレンフルールもようやく地方で勝てるところまで来ました。エイスノートも繁殖入りし今後子供への出資の夢が出てきます。こういうサイクルを続けていければなと思いますね。

ロードフェローズようやくデビュー

さて有馬ウィーク。有馬記念はもちろん、土曜日の中山も阪神も見どころたくさんでお祭り感覚で楽しめそうな一日です。

そんな中、2か月近くビシビシ追って在厩調整してきたロードフェローズがミルコ騎手でいよいよデビューします。ずっと調教タイムはいまいちでしたが最近は徐々に水準の時計が出てきました。今週はポリトラックでいまいちでしたが、相手は社台のディープ産駒、あまり気にしてもしょうがないかなと思います。

晩成の中長距離馬が欲しいという理由と、ティアーモの子供が欲しいということで出資したこの馬、ある意味で2歳中にデビューできたということでも御の字。本格化は3歳秋から古馬になってからでしょう。その間になんとか1つ勝てればと、あしたも印はパラパラというレベルですが、藤岡先生のいうようになんとか目途の立つ走りをしてもらえればと思います。

あと1歳馬については先日馬名を募集しました。どちらも写真も体重もいい具合に良くなっている感じがします。売れ行きという意味では今一つの2頭ですが、期待はしています。

情報や写真の一部は株式会社ロードサラブレッドオーナーズのものを使用しております。