ラブ・ライス・シアター・ログ

最近は一口馬主と競馬のブログになってます

今年を先に振り返ってみよう

ロードの写真更新や馬名募集始まりましたね、年末年始はこれを考えて過ごします。

現在出資馬は、全頭放牧中なので、当然今週もレースはありません。

なので、今年の成績を振り返ってみましょう。

一口馬主DBより、

出資馬:5頭、今年の成績:29 戦 3 勝(3-3-5-2-4-12)獲得賞金:4,712 万

3勝の内訳:ロードアクシス(ひめさゆり賞)、ロードジパングエイスノート(3歳未勝利)

3歳世代が全頭勝ち上がり、平均6走弱で安馬ばかりとはいえ回収率ほぼ100%越えですし、これはある意味出来過ぎな結果でしょう。ロードアクシスの若葉S3着、G3,G2出走もありました。

来年は今年以上とはいいたいところですが、みんな今までがんばった反動が出ている感じで、今年と同じ3勝できたらいいなというところですね。

次は古馬での準オープン、オープン馬が出てほしい気もしますが、まずはみんな無事に元気に馬生を送ってもらえるように祈っています。

 

気が付けばみんな放牧、ロード出資馬決定

エイスノートが突如鼻出血したようで、しばらく放牧になりました、この血統能力はあるのですが、運がないからか2勝目が遠いです。ついこの間まで5頭みんな在厩と思っていたのですが気づいたら全頭放牧になってました。

年間2頭ずつ出資ペースという、無理のない出資規模でやっていますがしばらく走る馬がいないのはちょっと残念ですね。今年は一口としては上々の成績だと思いますし、特に上半期頑張りました。また来年に期待ですね。

そして先行出資ですが、抽選祭りや残口僅少祭りをよそにティアーモ'17アウトシャイン'17はミスがない限り無風での当選になりました。血統も厩舎選びも今までのパターンとは違う攻めた出資だと思っています。

制度変更でいろいろ厳しくなってきますが、今度も出走頭数や出走節の傾向を予想しながらの出資を考えていかないといけませんね。馬の値段も徐々に変動がありそうですし、カナロア牝馬を1000万台で取るのももはや難しいので、適正値段で取れる種牡馬、セール馬を見つけることになりそうです。 

今週の結果とロード応募

今週の結果は以下の通り。

ロードアクシス:5着、調教の割には立ち回りのうまさで頑張れました。着実な掲示板はありがたいですね。でも最後はじけませんねえ。ローテ的には次は12/9中京の名古屋日刊スポーツ杯かな。翌週12/16の中山芝1800使ってくるのも面白そうです。

プレンフルール:11着、これは1400か1600をこれからは使うでしょうね。問題なければ短期放牧の後新春の中山芝1600か、節で出走できそうなら中京最終週芝1400で続戦かなあと思います。

エイスノート:2着、ダート短距離であれだけ振り切って追いつかれるのも珍しいかもというある意味強い、ある意味らしいレースでした。ダートは2,1,3,3,2という3着を外さない安定の馬主孝行です。無事に続戦なら阪神か中京のD1200ですね。

そしてロードの応募ですが、以下の2頭にしました。

ティアーモ'17:母親のティアーモがオークス秋華賞出た素質馬。血統的にも体型的にも芝2000以上の中長距離行けそうな感じだったので一つ勝てれば長くやれそう。レディチャームの血統は芝でこそ。

アウトシャイン'17:アンビータブル'17の方が種牡馬と厩舎では魅力的でしたが、馬体とロードいくならレディブラッサムかレディバラードの牝系には出資したいですよねという理由。

どちらも3×3のクロスという攻めた配合ですが、リスクをとってでもいってみたいと思ったのは現在3歳世代が走れてるから思い切っていこうという選択です。

全然だめかもしれませんが、今週のニシノデイジーステルヴィオみたいに、競馬はロマン、ロマンは牝系というノリでいこうと思いました。

お金持ちコースならジャズキャットかハリケーンフラッグ、ダートならエルテアトロ、こつこつコースならマイウィル、アムネリス、ショウナンアオバですかねえ。ロードの場合上がりの一瞬の切れ味というより持続的な長くいい脚を使う血統を選びたくなりますね。

先週の結果と今週は3頭出しとカタログ

先週福島のロードジパングは10着でした。1秒離されていないしまだ不調を脱せていないという感じもあります。菊川先生もこの馬はなんとかしたいという思いがあるのでしっかり放牧して立て直してほしいですね。この馬は5歳になっても6歳になってももあきらめずに待ちたいですね。

そして今週は土曜福島にプレンフルール、京都にロードアクシス、日曜福島にエイスノートが走ります。

プレンフルールは横山武史騎手で積極的な競馬に期待。ここで一発ツモできればというところ。ロードアクシスは酒井騎手が自ら追切、エイスノートは厩舎ローカルでままある津村騎手とのコンビ、どちらも末で甘くなる感じなので馬具などを工夫してみたいということですね、いい内容を期待しています。

そしてロードの募集カタログ見ました。評価は人それぞれですが、測尺と厩舎のハード調教に目をつむってもアウトシャイン17は欲しいですね。あとは馬体も血統もいかにも芝中長距離向きということに期待してのティアーモ17、馬体にサウスヴィグラス感があっていいなと思うアムネリス17あたりから選びたいと思います。

後お金がたくさんあったらいきたいと思ったのはハリケーンフラッグ17です。個人的に抜けてお気に入りです。

 

先週の結果

先週の結果はリップグロスは12着、プレンフルールは2着でした。

リップグロスは適性より長い1800で競馬に慣れようという感じ、相変わらず勝負どころではおかれますが、まじめに走ってくれてはいます。着差もスローだからかそこまでついてないです。競馬に慣れてきたところで距離短縮で勝負といったところでしょうか。放牧でリセットでまた修行です。

プレンフルールは積極策、やったかと思いましたが勝ち馬の末脚に屈しました。続戦らしいのでなんとか勝ちあがりを決めておきたいところですね。またまだこれからの馬なので、無事にいってほしいです。

その他の馬も全頭入厩しました。ロードジパングは今週、エイスノート、ロードアクシスは順調なら来週出走予定です。週末のカタログ到着を楽しみにしながら過ごしましょうか。

 

今週は2歳ーズにがんばってもらいます

さて京都はJBC3レース、売り上げ・盛り上がりどうなるかというなか。JBCデーに2歳牝馬2頭出走します。

リップグロスは前走のアドバイスや頭数から芝1800を選択、騎手は大井の笹川騎手です。この馬はとにかく無事に、そして前向きさを見せられるように経験を積んでいくしかありません。一度地方騎手か地方出身騎手が乗るのも面白いかなあと思っていたところ。なんとか教育していただければ。

プレンフルールは予定通りの芝1400、コースで追われているのは状態アップの証拠だと思います。前回ちぐはぐな競馬ながら4着。まだまだ幼さはありますが、今のうちに勝てればいろいろゆとりをもって臨めるはずです。三浦騎手の腕に期待です。

そして来週にはカタログが届きます、なんとなくは絞り込んでいますが写真と動画をみて直感勝負で馬を選びたいですね。

両方10着

リップグロスロードジパング同じ10着でしたが深刻度は大分ちがいました。

リップグロスは本当に前向きさがたりなくて陣営もどうすればいいのかと半分お手上げの状態。次は距離を伸ばしてペースになれる感じでいくようです、なかなか厳しいとは思いますが、覚醒を祈るのみです。

ロードジパングは逃げられると思ったのですが主張せずついて回る展開でした、それでも着差はそれほどでもなかったしまだ調子も途上状態。次はおそらく福島2600でしょう、積極的にがんばってくれれば。

次の出走は来週のプレンフルールになりますね、状態も上がっているようですので、勝ち上がりにつながるレースを期待します。

情報や写真の一部は株式会社ロードサラブレッドオーナーズのものを使用しております。