ラブ・ライス・シアター・ログ

最近は一口馬主と競馬のブログになってます

バプティシア7戦目:連闘実らず

バプティシアの7戦目は連闘でしたが0.8秒差11着でした。

連闘で馬体が増えてきたのはプラスでだいぶ人気はしましたが、ジリジリ伸びる馬でレースで1番の上りが使える馬ではないので、あの位置だとさすがに厳しかったですねえ。もうちょっと前に行った方が勝機はありそうです。

連闘したので次は少し開けるでしょうか。次はロードジパング新馬戦になりそうですね。

 

バプティシア6戦目:貴重な優先出走権が取れない

ロード今週3勝、2頭未勝利勝ち上がりおめでとうございます。3歳世代も不調ながら少しずつ勝ち上がりが出てきたので続きたいものです。

 

バプティシアは函館6R芝1800mを14番人気0.4差6着でした。芝は走るたびに人気以上の着順になり着差も徐々に詰めてきてついに0.4差まで来たのですが今最低でも欲しい優先出走権は惜しくも逃しました。
今日ももうちょっと直線スムーズに走れていればと思うところもありましたが最後外に出してからはいい足を使えました。中2週続きでしっかり乗り込んでいるので馬体重減るのはしょうがないとはいえもうちょっと増えてきて欲しいですねえ。滞在で続戦してほしいですが優先取れなかっただけにどうなるやら。ただ運が良ければ勝てるかもと思える内容のあるレースでした。

なんとか未勝利期間中に決めてほしいですね。

バプティシア5戦目とエイスノート更新など

今のところ入る予定はないのですがシルクの締め切りがもう少しと思って改めてみたのですが、アリディブリラーレがすごくよく見えます。まだコロッとしていますが動画も悪くないですし、これは走るんじゃないでしょうか。何よりかわいい。ボウルオブチェリーもかわいさをアピールするくらいなのでかわいいですね。後ろはともかく前はしっかりしてる気がします。

 

さてバプティシアは無事に小崎騎手で日曜函館6R芝1800m出走枠に入りました。追い切りはデビュー前の2歳馬に遅れてしましたが、中2週続きで函館移動もあってのこのタイムはまずまずいいのではないでしょうか。むしろ一緒に走って先着したラスエモーショネス(父Fastnet Rockのアイルランド産駒 )がすごいです。来週新馬予定なのでこれは走ってくるでしょう。バプティシアは切れる脚はないので減量を生かして前々からしぶとく伸びてほしいですね、ただ先行馬が多くなりそうです。馬体重にも注目です。白毛のカスタディーヴァも一緒に走ります。

そして大分更新対象が減ってきた2歳の中でもエイスノートは順調にメニューをこなしています。写真更新されたのですが走るのに向いているかわかりませんがマッチョな肉体は芝ダート問わず短距離で走ってくれそうです。しばらく北海道残留ですが秋の京都あたりでデビューして欲しいですね。

 

時間のない馬もいれば時間のある馬もいる

関東オークスはクイーンマンボの圧勝でした。出資者の皆様おめでとうございます。サンビスタに負けないようにさらに活躍してほしいですね。

 

さてリアルダビスタで先日2歳馬の調教を見に行く生放送があったのですが、とても興味深いものでした。

むかわのエクワインレーシングさんで育成調教をするオリミツキネンの15(アジュディミツオーの半弟)を見に行くものでしたが、実際に調教メニューを紹介する感じでロンギ場、角馬場、ダートコース、坂路を馬が調教していく姿を追いかけて、さらには蹄鉄のうち変えて、最後には人間が坂路を走るというもので、一頭の馬がデビューするまでには生産だけでなく育成にもたくさんの人がかかわっていることが改めてわかるものでした。なんかこれを見ると馬も人もみんな頑張ってるんだからだと思うしかないなあと。見る人が見れば別なのかもしれませんが。

 

live.nicovideo.jp

 

さて、出資馬についてですが、2歳北海道組は明日更新予定なのでエイスノートはまた別途。

バプティシアについては抽選なのですが、想定を見た感じで土曜日に回る馬が出てきてくれれば出走できるかもしれません。明日追い切りのようです。平坦コースも滞在競馬も合うと思うので相手関係はありますがこの馬としてはいい条件だと思っています。未勝利終了まで時間もないので次は内容より結果を求めるレースです。父タートルボウルは残念ながら亡くなってしまいましたが、産駒は使いながら良くなる馬が多いのでこれからの活躍に期待しています。

ロードジパングについてはなんと田辺騎手を確保して福島2週目の芝1800でデビューの予定です。ただ調教はピリっとしませんね。動きに内面がまだついてきていないのでしょうか。まだ3週間あるしどこまで仕上がってくるか。いいところはあるのですでにゲート試験まで進めて田辺騎手をすでに確保したと思っています。時間もあるのでまだまだ良くなると思って気長にいきましょう、こちらは結果より内容で。

千葉に移動したロードアクシスはこの馬なりに調整は進んでいる感じがします。コメントでもあまりアピールポイントが出てこない地味な子ですし北海道での乗り込みも他の馬ほど多くないので千葉でじっくり乗り込むことになるのでしょうか。

ロード5月末更新:2頭目の本州移動

ダービーも終わり2歳戦も始まり徐々に夏競馬になっていきますね。そして地方競馬ももこれからダービーがいろいろなところでおこなわれます。

九州ダービー栄城賞では佐賀に戻ったリーチザクラウン産駒のスーパーマックスが勝利!妹のシルポート産駒牝馬ザワールドも佐賀の新馬戦を圧勝と注目の兄妹ですね。

さてロードの5月末更新です。エイスノートは相変わらずコツコツと坂路を入っています。進みは早いとは思うのでいつ移動してもおかしくはないと思いますが、千葉のケイアイファームには三石のような坂路はないようなのでしばらくは北海道で鍛える感じでしょうかね。

そしてロードアクシスが本日千葉・ケイアイファームに移動しました。一口12,960円というとても安い牡馬で、骨瘤などでペースダウンがあった割に予想外に早い移動となりました。父ブレイクランアウトは今年の3歳世代がJRAでロードリベラル含め芝で2頭、ダートで1頭と既に3頭勝ち上がり。そして3着以内に入っている馬も他に2頭と種付け頭数の割にはまずまず走っている種牡馬です。そしてロードアクシスは2015年世代唯一の牡馬です。なにか応援したくなるところがある馬です。血統構成も面白いと思いますし芝・ダート不問でマイル前後を走ってくれる馬になってくれれば。

 

ロードマドリード今週入厩など動きがどんどん進みつつある今年のロード2歳戦線、出資自体はまだまだ秋まで行えますので、今から一口始めたいという人がいたら面白い馬が残っているかもしれません、売れたからといって走るわけでもないのが一口ですしね。

 

バプティシアは4戦目は9着、ロードジパングはゲート試験合格

ダービーはルメールさんすごいとしかいいようがないレースでした。そんな中惜しくも4着マイスタイルも見せ場十分でしたね。

 

ダービーも終わり来週から2歳新馬戦が始まる状況でも3歳未勝利馬は未勝利のタイムリミットまでに勝ち上がるための戦いを続けています。

 

バプティシアの4戦目は京都3R芝20003歳未勝利、丸田騎手騎乗で0.8秒差9着でした。調教過程は順調でしたが、今回もマイナス体重でなかなか馬体が増えてこないですね。スタートはポンとでましたが、そこから道中は中団に下げて流れにのっていく感じ、距離延長なので大事に行ったようです。4コーナーから直線にかけていくらか不利があったようでもうちょっと伸びられたかもしれないそうです。

非力な馬なので直線坂のある阪神・中京よりは直線平坦なコース向きのようです。ただ未勝利終了まで時間がないのでなるべく短い期間に数多く使いたいでしょうし次走どうするかが悩みどころです。函館を使うか、小倉まで待つか、あえて阪神・中京で使うか。平坦コースの福島・新潟を使うためには東西ブロック制があるので転厩しないと使えない。ここ2回のレースで勝ち負けまで持ち込めるパターンは見えてきたようですが、次走の選択は大事になります。

一方ロードジパングは、先週金曜のゲート試験を無事合格した模様。予想以上早さでゲート合格したので、早い使い出しもありえる状況となってきた気がします。どのレースを選択するか期待して待っています。

バプティシアはダービーデーに出走

ダービー枠順出ましたねえ。ダンビュライト1枠武豊しかも今週雨が降ったというなやましい存在が出てきました。

バプティシアは見事抽選突破してダービーデーの日曜3R芝2000mに挑みます。芝中距離だからこその中2週出走、前走3着以内は1頭だけというメンバー。とはいえ手ごわい相手には変わりありません。出走優先権を取れないのでなかなか騎手は固定できませんが、先生が選択した丸田騎手の手綱に期待しましょう。

しかしダービーデーに出資馬が走るという響きは素敵ですねえ。いつかは出資馬でダービー勝利・・とはいいませんがダービー出走は夢見たいですねえ。じゃじゃ馬グルーミンアップの終盤のことを思い出します。

情報や写真の一部は株式会社ロードサラブレッドオーナーズのものを使用しております。